【テレワークで急増】「マイクロマネジメントうつ」回避・対策方法5選【うつ病になる前にやるべきこと】

こんにちは。ハルです。

新型コロナ流行により、多くの企業がテレワーク(在宅勤務)を取り入れています。

満員電車からの開放もつかの間、新たな問題点として浮上するのが「マイクロマネジメント上司」です。

テレワークになり直接顔を合わせなくとも、あの手この手で部下の業務に干渉してきます。

マイクロマネジメント上司あるある

  • 生産性ゼロのメール、チャットを連投(逐一作業を止めてくる)
  • 不要不急の長時間会議を開催(そして何も決まらない)
  • 「真面目に仕事をしているか」をチェックする名目で、煩雑な作業報告書を求める

在宅勤務などの環境の変化も重なり、より精神を病む社員も多いのではないでしょうか。

うちの上司もマイクロマネジメントする奴だ・・・
どうにかして解決できないかな?

実際にそのような経験をした筆者が、「マイクロマネジメント上司の回避・対策方法」を解説いたします!

「仕事中に遊ぶ」背徳感を楽しむ

平成27年版自殺白書によると、18歳以下の自殺は9/1に最も多くなることが分かっています。

「学校という閉鎖空間に引き戻される絶望感」から、自ら命を断つことは想像に難くありません。

「会社⇔自宅のオンオフ切替ができず、自宅でも逃げ場無く上司に詰められる」ことが続けば、大人でも同じ結果になるでしょう。

上記を踏まえ「仕事中の逃げ場を作る(サボって遊ぶ)」ことを提案します。

以下条件を満たすなら、ゲーム・副業・資格勉強など何でも構いません。

  • 5~10分のスキマ時間に行える(即レスできてバレない)
  • 社用PC・スマホを使わない(証拠を残さない)
  • 離席せずに行える(カメラONを求められても安心)

しかし昨今は以下のような管理ツールも登場しており、上手く記録のスキを突く必要があります。

管理ツール例

  • 【MeeCap®(ミーキャップ)】
    キーボード・マウス操作などを自動で記録
  • 【cyzen(サイゼン)】
    スマホのGPS機能と連携し、位置情報を記録
  • 【F-Chair+(エフチェアプラス)】
    PC作業画面をランダムに撮影し、管理者(上司)に送信

上記管理ツールの回避策としては「PC上ではなく、紙にメモをして考えをまとめていました」という言い訳がおすすめです。

2019年に一番売れたビジネス書『メモの魔力』で紹介されている、”抽象化”という思考整理術です。

「オピニオン&エグジット」の活用

上記管理ツールを得たダメ上司は、「部下を管理する自分は偉い」と権力を暴走させるものです。

ヒット作『ニュータイプの時代』著者の山口周氏は、暴君上司に対し若手ができる対策として「オピニオン&エグジット」を挙げています。

  • 【オピニオン】
    社内ルールでなく自身の道徳に照らし、間違っていることに意見すること
  • 【エグジット】
    オピニオンによって状況が改善されない場合、その場所から退出すること

自分ひとりが意見したところで、上司・組織が変わるわけないよ・・・

何も言わずに上司に従うことは、「上司の意見・やり方に賛同している」ことを意味します。

「誰も文句を言わず、離反者もゼロ」の状況を作れば、上司はさらに調子に乗ってマイクロマネジメントするでしょう。

あなたの「オピニオン&エグジット」が、他の不満を持つ社員を動かすきっかけになるかもしれません。

「既読スルー」を戦略的に使う

「上司からのメールは即レスしなければならない」そんな固定概念は、今ここで捨てましょう。

生産性を上げる以下テクニックは、多くのビジネス書でも推奨されています。

  • 意図的にメール返信を遅らせる
    ⇛上司との接触回数を減らし、マイクロマネジメントを回避します
  • 特定の時間帯はメールボックスを見ない
    ⇛「この時間帯にしか返信しない人」という印象を上司に植え付けます
  • 体系立てた長文メールを書く
    ⇛頻度よりも分かりやすさを重視する姿勢を見せます

上司を積極的に避ける」仕事の仕方をすれば、自然にマイクロマネジメントを回避可能です。

「1時間に何回も追撃メールを送る」上司に対しては、”上司の上司”に苦情を入れるのもありかもしれません。

「関わったらダメなやつ」をあえて演じる

「反論しないおとなしい人が、いじめの標的になりやすい」ことは、多くの人が経験知として理解していると思います。

上記”オピニオン”の発展型として「マイクロマネジメントに対する苛立ちを、あえて隠さない」もおすすめです。

【具体例】仕事の進捗に関して、チャットでしつこく確認される場合

頼んでいる〇〇について、進捗を教えてください。

今別案件の仕事に着手してるから、後にしろ

後にしてもらえますか?

上記のように「誤字を装い、苛立ちを見せる」のは、強い牽制になるはずです。

いくらマイクロマネジメント野郎でも、社会人としてそんなことしてもいいの?

「短時間に何回も報告を要求する、マイクロマネジメント野郎」には、多少荒っぽい手段も致し方ありません。

転職が当たり前のこのご時世、クソ上司1人に嫌われるのは些細なことです。

「マイクロマネジメント以外のストレス」をゼロにする

「仕事以外のストレスも積み重なり、マイクロマネジメントに過敏になっている」可能性も捨てきれません。

過去記事で「うつ病回復のための、おすすめ生活習慣」について解説しています。

※うつ病患者だけでなく、うつ病予防にもおすすめできる内容です。

上記を実践し「心のキャパシティを広げる⇛ストレス耐性を得る」ことで、上司に上手く対応できるかもしれません。

「すでにマイクロマネジメントされて、精神を病んでいる」方にも読んでいただきたく思います!