【マインドフルネス】「瞑想おすすめグッズ」7選を比較し、効果の高い順に紹介【AirPods Proが最強】

こんにちは。ハルです。

当記事をご覧の方の多くは、すでに瞑想を実践されているのではないでしょうか。

※瞑想のやり方・効果については、以下記事をご覧ください。

瞑想に挑戦してみたけど、なかなか継続できない

いざ瞑想を始めてみても、すぐに集中が途切れてしまう

そのような方に向け「瞑想の効果を爆上げする、おすすめグッズ」を効果の高かった順に紹介します!

※筆者が全て購入・使用したグッズを、独断と偏見で選んでいます。

第1位 ノイズキャンセリングイヤホン(AirPods Pro)

人の集中を妨げる大きな要因、それは雑音ではないでしょうか。

  • 子供たちの騒ぎ声、年寄りたちの井戸端会議
  • パトカーなどのサイレン音、バイクの爆音
  • マンションにて、上の部屋から聞こえる生活音

特に呼吸に意識を向けるマインドフルネス瞑想では、上記に気が散るのは必至です。

「音による集中の途切れ」を防ぐため、ノイズキャンセリングイヤホンを強くおすすめします。

「業界最高のノイズキャンセリング機能+超軽量(片耳5.6g)」の観点から、「AirPods Pro」が最適解です。

予算を少しでも抑えたい方は、SONY「WF-1000XM3」も悪くありません。(こちらも片耳8.5gと軽量)

瞑想だけでなく勉強・読書・仕事など、あらゆる作業の生産性向上をお約束します。

第2位 ビーズクッション(人をダメにするクッション)

背筋を伸ばして骨盤で座る」のが瞑想のポイントですが、それを快適に行えるアイテムです。

特に下半身全体を優しく包む「人をダメにするクッション」がおすすめです。

お尻だけでなく太もももクッションに沈み込み、ストレス無く姿勢をキープできます。

瞑想用クッション」も悪くありません。小柄な女性なら、こちらでもクッション全体に座れます。

※「骨盤矯正クション」は、あぐらには向かないため非推奨です。

第3位 加湿空気清浄機

「瞑想の効果を実感するには、1日27分8週間の継続が必要」のデータがあります。(冒頭記事参照)

30分近い時間「息を吸う・吐く」を繰り返すため、空気清浄機はもはや必須レベルです。

また美容目的で瞑想を行う方は、加湿機能のある空気清浄機がおすすめです。(肌の最適湿度50~60%を維持するため)

記事執筆時点で、条件を満たす最もコスパが良い製品はシャープ「KC-J50-H」です。

第4位 保湿クリーム(ハンドクリーム・リップクリーム)

「仕事中、手や唇の乾燥が気になる」そんな悩みを持つ方も少なくありません。

「30分じっと座っている状態」有効活用のため、瞑想前に保湿クリーム塗布を提案いたします。

瞑想が終わるまで手洗いできないため、「ベタついた手で物を触る」ことを回避できます。

顔・手・唇など顔全体に使える保湿クリームがおすすめです。コスパ重視ならワセリンも選択肢に挙がります。

第5位 高級バスタオル(今治タオルなど)

冷え防止のため、瞑想中に毛布を下半身にかける方がいらっしゃいます。

筆者は毛布の代わりに高級バスタオル(今治タオル)を使っていますが、肌触りの良さに衝撃を受けています。

「ブランケット症候群の大人」は決して珍しいことではありません。(筆者もです)

リラックスして瞑想を行うために、これほど心強い味方はいません。

第6位 アイマスク

瞑想の集中状態を維持するため、音だけでなく光も遮断してみましょう。

※集中状態を維持することにより、脳の前頭前野に血液が流れます。

カーテン閉めたり照明を消すのが難しい場合は、アイマスクが最も手軽な解決法です。

遮光・立体型のアイマスクも安価で購入できるため、ぜひお試しください。

なお上記の保湿クリーム(顔への塗布)との相性は最悪です。

第7位 アロマキャンドル・アロマディフューザー

「最高の集中のためには、やっぱりいい香りが一番!」そんな方は、アロマキャンドルをお試しください。

アロマディフューザーなら、繰り返し利用でき経済的です。