年400冊の読書習慣を得る方法【本の選び方も解説】

こんにちは。ブログ記事に使うデータを、本から引用しているハルです。

読書、楽しんでいますか?(唐突)

文科省の調査によれば、16歳以上男女の47%は「月に一冊も本を読まない」そうです。

そりゃ日本人の読解力も落ちるわ、と腑に落ちました。(ある数学者は「読解力低下により、仕事のAI代替がさらに進む」と危惧しています)

しかし一方で、「読書を始めたいけど、きっかけがない」という方も多いのではないでしょうか?

年間延べ400冊以上の読書家として、読書習慣のはじめかたを紹介します!

※具体的にどんな本読んでるの?という方は、以下の記事をご覧ください。読書についての、簡単な自己紹介もしています。

読書のメリットを知る

まずは読書がどれほど有益かについて、解説いたします!

最高の費用対効果

1000~1500円程度で、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスクら、世界有数の起業家の思考に触れられます。

これって最高にコスパいいと思いませんか!?(ウマすぎてウマになります🐴ヒヒーン)

「ネットに同じような情報あるじゃん」というご指摘ももっともです。しかし以下の観点より、書籍はより有益です。

ネットより読書が優れる理由

  • より詳細な内容を、包括的にまとめられている(著者の生い立ちですと、時系列順で分かりやすい)
  • より重要な情報は、有料コンテンツに載っている(多くの場合、 無料公開分はダイジェスト版です)
  • 検索・保存が容易(電子書籍なら、キーワード検索も一瞬です)

読書は情報を得る手段の一つであり、目的によって使い分ければよいです。(ネット記事・YouTubeにも、有益な情報はあります)

その中でも書籍は、低コストで高品質の情報を得られる媒体でしょう。

100%、コミュニケーションに役立つ

「私はこう思います!」より、「研究者の〇〇さんも、私と同じ意見を持っています!」の方が、より説得力があると思いませんか?

「著名人・専門家の見解」「研究に基づいたデータ」は人の意見を左右する、非常に強力な武器です。私もブログ執筆に、大いに活用しています。

コミュニケーションに役立つのは、データが載っているビジネス書だけではありません。

ある研究によると「小説・文学作品を読むと、共感性が高まる」という結果が出ています。(物語のキャラクターに感情移入するため)

その他にも、ワーキングメモリの強化(脳の活性化)・創造性アップが見込めます。

実はメンタルにも効く!?

英国サセックス大学の研究によれば、読書により68%のストレス軽減効果が認められました。以下が、他項目のストレス軽減効果です。

  • 音楽鑑賞 : 61%
  • コーヒー : 55%
  • ゲーム  : 21%
  • 散歩   : 42%

比較すると、読書が優れたストレス解消法であると分かります。

米イエール大学の研究でも、「週に3.5時間以上本を読む人は、12年後の死亡リスクが23%低くなる」ことが分かっています。

ストレスフルな社会において、安らぎのひとときを得るいい機会かもしれません。

本の選び方を知る

「読書が良いのは分かった、ではどの本を読めばいい?」という方へ、本の選び方を紹介します!

(自身と属性の近い)友達のおすすめ

実は「友達からの口コミ」は最強の広告戦略として、注目を浴びています。

現代人が1日に受け取る情報量は、江戸時代の1年分と言われています。「情報が多すぎて、どれを選べばいいか分からない」という状態なのです。

企業が伝えたい情報は、顧客になかなか届きません。そこで「ファンベース」という考え方が誕生しました。

【ファンベース】:新規顧客より、熱心な既存顧客を中心にしたサービス展開を行い、中長期的に売上・価値を上げる考え方。熱心な顧客が、商品を友人におすすめしてくれる。

「価値観が近い人の愛用品」は、自身も愛用する可能性が高くなるためです。

職場・学校で自分と似ている(憧れている)人から、おすすめの本を聞いてみてください。それが人生を変える一冊になるかもしれません。

「お気に入り作家」の信者になる

ある程度の本を読み終えたら、お気に入りの作家に出会えるはずです。

その作家の別著書や、似た作風の著者の本に手を出してみましょう。(Amazonの「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」から探せます)

私の場合、学校教育の「同調圧力文化」に強い生きづらさを感じていました。そこで実業家のホリエモン(堀江貴文氏)の本に出会い、衝撃を受けました。

ホリエモン本を読み終えたら、仲の良い落合陽一・西野亮廣らの本に手を出しました。最後にはホリエモンと真逆のタイプの人の本も読みました。

信者(宗教)といえば、ネガティブなイメージがあります。しかし「(憧れの著者)ならどうする?」という考え方は、多くの成功者が使っています。

参考文献から選ぶ

本の最後・ブログ記事・YouTubeには、「参考文献」として本が紹介されていることが多いです。これも本選びに非常に役立ちます。

上記「ファンベース」についての本も、別の本の参考文献で知り、読むきっかけになりました。

「この言葉ってどういう意味なんだろう?」「この研究データって、本当?」そんな知的好奇心旺盛な方は、ぜひ参考文献もチェックしてください!

ここまですれば、あなたの知識は無限に増えます!

読書のタイミングを知る

「本は買った、けど読む時間がない」という方へ、こんなタイミングで読めますよ!

通勤時間・スキマ時間

通勤時間ほど非生産的な時間もありません。仕事の「ちょっとした空き時間」も同様です。(上司の返信待ち・仕事が終わった定時までの時間等)

少しでも実りある時間にするために、スキマ時間に読書を取り入れましょう!

本の持ち運びは重いため、電子書籍の導入をおすすめします。

電子書籍を始めるにあたり、特別な端末は必要ありません。

スマホに「kindle」アプリを入れれば、簡単に電子書籍が楽しめます!(Prime会員なら、無料本も充実しています)[App Store版リンク][Google Play版リンク]

買った本の元を取るため、しっかり読もう!というモチベーションにも繋がります。

寝る前

寝る前についネットサーフィンしてしまう、そこのあなた!快適な睡眠のため、読書に変えませんか?

前述のストレス軽減効果もあり、ナイトルーティンに組み込む人も増えてきた印象です。

下記のような最新の端末なら、目の疲れも最小限に留められます。

また近年の睡眠科学では、夜寝れない大きな原因の一つに「翌日への不安感」があることが分かっています。

寝れなくてつらいという方は、読書に挑戦してもいいかもしれません。

入浴中(←!?)

ここまでくれば、あなたはもう「本の虫」です。防水端末 or 濡れてもいい本を持ち込み、 浴槽に入りながら読書します。

「10ページ読むまで入浴しよう」という時間の区切りも簡単です。

入浴中にペットボトルの水を持ち込めば、脱水症状も対策できます!

風呂温度は38~40℃に設定し、ヒートショック対策をお願いします。

まとめ

  • 読書のメリットは、共感性&創造性向上・脳の活性化・ストレス軽減、、、挙げるとキリがない!
  • 最初の一冊は、「友達のオススメ」がベスト。焦らずいろんな本に手を出してみよう!
  • 電子書籍は、スキマ時間の読書に便利。スキマ時間に差をつけろ!

参考文献

  • 新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』 東洋経済新報社 (2018/2/2)
  • 樺沢紫苑『学び効率が最大化するインプット大全』 サンクチュアリ出版 (2019/8/3)
  • 佐藤尚之 『ファンベース』 筑摩書房 (2018/2/6)
  • メンタリストDaiGo 『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』 学研プラス (2019/3/5)