【書評】LIFE SHIFT(ライフシフト)の内容は、どれくらい実現したか!?【2020年版】

こんにちは。ハルです。

先日、以下の本を読み終えました。

『ビジネス書大賞2017』などを受賞した、”人生100年時代”の草分け本です。

発売から3年以上が経過しましたが、「未来の預言書」とも言える内容でした。

今回は「本書で指摘している”社会の変化”は、どの程度現実になっているのか」について解説します!

LIFE SHIFTで変わる「働き方」

寿命が短かった時代では「教育⇛仕事⇛引退」の”3ステージの人生”が主流でした。

しかし医療技術の発達によって寿命が伸び、人々は長期間働くようになります。

著者は「人生100年時代の働き方」として、以下の可能性を示してます。

新たなステージ

  • 【エクスプローラー(探検者) 】
    複数のコミュニティに属し、多様な経験を積む
  • 【インディペンデント・プロデューサー(独立生産者) 】
    組織に属さずに、小さなビジネスを起こす。
  • 【ポートフォリオ・ワーカー】
    異なる種類の仕事・活動に、同時並行で携わる。

上記のような働き方の選択肢が増え、多くの人が自分らしい人生を歩むことができます。

「新卒一括採用・定年退職」のような、画一的な働き方はすでに時代遅れなのです。

日本の現状

上記のような”多様な働き方”の代表として、フリーランスの現状について解説します。

クラウドソーシングの大手「ランサーズ株式会社」の調査によると、フリーランスの人口・経済規模ともに成長しています。

一方、「収入の安定」「社会的信用」などがフリーランスの大きな悩みとなっています。

それを裏付ける事実として、新型コロナ対策としてフリーランス向け補償が発表されました。

しかし「安すぎる」「職業差別」「金額の根拠なし」などの批判が殺到しています。

LIFE SHIFTで変わる「お金」

先ほど挙げたお金の悩みについて、会社員も他人事ではありません。

本書では生まれた年代ごとの「資金計画シミュレーション」がされています。

若い世代(1998年生まれ)は、個人の備えが重要だと強調されています。

上記の3ステージの人生では、老後の備えを蓄えるのは現実的ではありません。

この問題を解決するには、以下で解説する「無形の資産」が大切になります。

引退者を対象とした調査では、70%の人は「もっとお金を貯めておけばよかった」と後悔しています。

日本の現状

作家の橘玲氏は「日本人・男性・中高年・有名大学卒・正社員」が日本を支配していると指摘します。

上記の属性と対極にある「貧困女子」が、性産業に足を踏み入れるのは有名な話です。

一方「40~59歳・非大卒の男性アンダークラス」の現状も悲惨です。

社会学者の橋本健二氏は、SSMデータ・首都圏調査データをもとに以下の実態を示しています。

「壮年非大卒男性アンダークラス」の現状

  • 【学歴】7割超が高卒以下
  • 【未婚率】66.4%
  • 【収入】213万円
  • 【仕事の満足度】(内容)18.4%:(収入)5.9%
  • 【生活の満足度】13.8%

「上級国民/下級国民」という言葉が流行しましたが、これがリアルな数字です。

人生100年時代を生きる我々にも、決して他人ごとではないのです。

LIFE SHIFTで変わる「無形の資産」

お金に換算できない”無形の資産”による恩恵は、100年ライフに大きな役割を果たします。

本書では”無形の資産”を、以下の資産に分類しています。

無形の資産

  • 【生産性資産】仕事の生産性を高め、所得とキャリアの見通しを向上させる
    (例) スキル、知識、人脈、評判
  • 【活力資産】肉体的・精神的健康と、心理的幸福感
    (例)健康、適切なストレスの生活、友人関係
  • 【変身資産】人生におけるキャリアチェンジを容易にする、意思と能力
    (例) アイデンティティの確立、多様性への許容、チャレンジ精神

これらは計測しにくく、値段もつけられず、売買不可能なものがほとんどです。

しかし「これらが人生における幸福度を高める」ことについて、多くの研究が示しています。

容姿に恵まれた人は「就職・昇進・給与」などあらゆる面において、一般人より優位です。

日本の現状

最近では「SNSのフォロワー数」が、無形資産として価値を持ち始めています。

フォロワーが多いメリット

  • 【集客】イベント開催・商品宣伝・求人求職などに役立つ
  • 【広告】企業から広告案件を依頼されることも
  • 【ステータス】「フォロワー数1000人以上」などの、イベント参加条件になることも

キングコング西野氏は「僕たちの挑戦を止めるものは、”お金と広告”」と指摘しています。

100年ライフにおけるお金の問題は前述の通りですが、”個人での広告”もより身近になっています。

「フォロワーを増やすためには」といったノウハウも、大きく需要を伸ばしています。