肉体年齢18歳男が選ぶ、美容・健康習慣7選【実年齢マイナス8歳です】

こんにちは。「健全な精神は健全な肉体に宿る」の本来の意味は「健全な肉体と精神、それ以上は望むな」(健全な肉体⇛健全な精神ではない)ということを、お伝えしたいハルです。

健康、気を付けていますか?(唐突)

手前味噌ですが、私は実年齢26歳で、顔・肌・肉体年齢18歳を6年以上維持しています。

それはひとえに「ブス・デブ・キモいといじめられてきた中高時代のトラウマ」と「日々の美容・健康習慣の積み重ね」であると考えています。

人生100年時代、ずっと美しく健康でありたいと、多くの人が願っているでしょう。

そんな方へ向けて、おすすめ具体的アクションを解説します!

レッツアンチエイジング!

睡眠習慣

「俺今日3時間しか寝てないわ~」という言葉は、海外では「自己管理できないアピール」と見なされるようです。

思考・ダイエット・感情表現、あらゆる活動の根本となるのが「睡眠」です。

最も費用対効果の高い、生活習慣改善ポイントといえるでしょう!

枕カバーを毎日替える

「 一晩にコップ一杯の寝汗をかく 」というのは有名な話です。

パジャマを替える人は多いと思いますが、見落とされがちなのは「枕カバー」です。

多くの人は寝汗の染み込んだ枕カバーに、頬をこすりつけているのです。

枕カバーを複数用意し、毎日替えましょう。

清潔な枕カバーは、快適な睡眠にも役立ちます。

高級マットレスを購入する

大学時代10万円のマットレスを購入し、睡眠生活が大きく向上しました。

誇張なく、全身がベッドに包み込まれる感覚です。

入眠潜時(覚醒状態から眠りに入る時間)も大幅に短くなりました。

ニトリ・無印良品あたりなら、10万円以下で高品質のマットレスを購入できます。

10年は余裕で使えるので、非常にコスパのいい買い物になるでしょう。

もちろん、寝る前のスマホはご法度です

食事習慣

睡眠と双璧をなす、大切な習慣です。

日本人が長寿の理由は、健康的な日本食と充実した医療制度の2つでしょう。

しかし健康的な食事に関する情報は、関心の高い層にしか届かないのが現状です。

特に気をつけてほしい部分をまとめたので、ぜひ周りの方にもお伝えください!

菓子パン・スナック菓子を食べる習慣をやめる

菓子パン・スナック菓子の多くには「トランス脂肪酸」が含まれています。

トランス脂肪酸の大量摂取は、糖尿病・アルツハイマー・パーキンソン病を引き起こす研究結果も報告されています。

トランス脂肪酸はその危険性から「食べるプラスチック」とも呼ばれ、アメリカでは既に食品添加を禁止されています。

代わりに食べるおやつはこれだ!

菓子パンやスナック菓子の代わりとして、以下の食べ物を紹介します。

栄養素・入手難易度・備蓄性、どの観点からもおすすめです!

おすすめおやつ

  • バナナ:持ち運びにはバナナケースが便利です
  • 素焼きナッツ:Amazonで箱買いすれば、コストも抑えられます
  • 冷凍ブルーベリー・ラズベリー:メンタリストDaiGo氏によれば、幸福感を増す毎日食べるべきおやつなんだとか

果物の中でもベリー類は、冷凍の方が栄養吸収効率が高いです

デンタルケア

厚生労働省「歯科疾患実態調査」によると、85歳以上で自分の歯が20本以上ある人の割合は約25%です。

このような背景には、歯周病予防の重要性が認知されていない現状があります。

歯周病は口臭や歯を失う原因になるだけでなく、脳卒中や心疾患を引き起こす恐ろしいものです。

それらを防ぐために、今日からできるデンタルケアをご紹介します!

歯磨きに、デンタルフロスを追加する

3食後の歯磨きだけでは、デンタルケアは十分とは言えません。

歯周病の原因となる食べかすは、ブラシの届きにくい歯と歯茎の間に蓄積されるからです。

最低でも一日一回(特に就寝前)、デンタルフロスを使って、歯間をきれいにしましょう!

フロスしないと気持ち悪くて寝れない!レベルになれば、立派な健康オタクです

3~4ヶ月に1回、歯石クリーニングへ!

デンタルフロスだけでは、歯周病を100%防ぐことはできません。

歯周病菌は歯周ポケットの奥深くに潜み、自力でかき出すことは不可能なのです。

そこで必要となるのは、歯医者で行う歯石クリーニングです!30分2000~3000円で受診できます。

自身の歯並びにあった、歯磨きの仕方も教えてもらえます。

日本では歯医者は「治療」目的が多いですが、海外だと「予防」目的が主流のようです。

就寝前にマウスウォッシュ

「朝起きたら、口の中がネバネバして気持ち悪い」そんな経験ありませんか?

睡眠時は唾液の分泌量が少なくなり、細菌が繁殖するためです。歯周病・口臭の原因になります。

そこでおすすめするのが、「就寝前のマウスウォッシュ」です!

歯ブラシ・デンタルフロスでは取り除けない、歯垢(細菌)を洗い流せます!

スキンケア

見た目の若々しさは、スキンケアによって8割決まるといっても過言ではありません。

見た目の若々しさは、精神的な若々しさにも繋がり、積極性もアップします!スキンケアから、内面すらも変えてみませんか?

スキンケアに必要なのは2つだけ!

それは「保湿剤」と「日焼け止め」です。

アメリカ皮膚科学会(皮膚に関する、世界で最も権威ある学会)によれば、肌にダメージを与える主な原因は「乾燥」と「紫外線」です。

それらを防ぐため 「保湿剤」「日焼け止め」 が役立ちます。選び方は、以下を参考にしてください。

保湿剤・日焼け止めの選び方

  • 【保湿剤】天然オイルが有効とされているが、実際に使って肌の調子を確かめるのが確実。ちなみに化粧水は不要
  • 【日焼け止め】SPF30以上のもの。SPFの値よりも、こまめに塗り直すことの方が重要(目安は2時間に一度)

もちろん私は外出時、日傘+サングラスを装備します。

参考文献

  • メンタリストDaiGo『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』PHP研究所,2019年
  • 堀江貴文『健康の結論 』 KADOKAWA (2018/8/9)

関連記事