しつこいNHK集金人を追い払う「必殺フレーズ」3選【8年以上、撃退率100%です】

こんにちは。ハルです。

他記事で紹介しているように、当ブログはアンチNHKの立場を取っています。

その理由は「(テレビ持っていないのに)高圧的に契約を迫る、NHK集金人」の存在に他なりません。

誤った解釈・法律知識で、無理やり契約させる集金人が後をたちません。

そんな集金人をすぐに追い払えるような、”必殺フレーズ”を紹介します!

居留守~そもそも話さない~

相手が話す機会を与えない」これが最も手軽かつ最強の対応です。

実際に10回以上試しましたが、集金人の対応は以下の通りです。

集金人の対応割合

  • 【60%】1~2回チャイムを鳴らして、諦める
  • 【30%】上記に加え、「NHK受信料支払いチラシ」をポストに入れる
  • 【10%】3回以上チャイムを鳴らして粘る(最長5分)

一番下のケース以外、居留守を使って問題ないことが分かります。

もしあなたが集合住宅(マンションなど)に住んでいれば、集金人はすぐに諦めます。

チャイムを鳴らす訪問先を、別の住人に変えるためです。

あまりにもしつこい集金人の場合、居留守もストレスのかかる行為です。

その場合は、以下のフレーズで叩きのめしましょう。

「NHKを受信できる機器を、一切持ってません」

私がいつも使っているフレーズです。1分以内に撃退可能です。

NHKから来た者です。受信料お支払いの・・・

(相手が言い終わる前に) NHKを受信できる機器を、一切持ってません 。お帰りください。

お手持ちのスマホの機種をお教えいただけますか?

NHKを受信できる機器を、一切持ってません 。お帰りください。

ポイントは「余計なことは言わず、何を聞かれても上記フレーズを繰り返す」ことです。

あえて”話の通じない頭のおかしいやつ”を演じるのです。相手も時間のムダを悟るはず。

最初から”手強い相手”と錯覚させて、交渉を進めるテクニックを「初頭効果」といいます。

【初頭効果】 最初に与えられた情報が、強く影響を及ぼす現象

第一印象は0.5秒で決まると言われており、面接対策でもよく使われます。

NHK集金人に「頭おかしいやつ」と思われても、どうってことありません。

(ビデオ撮影しながら)「身分証提示してください」

すぐに撤退せず、「撮影をやめてください」と食い下がる集金人もいます。

「自宅の玄関に防犯カメラ(スマホ撮影も可)設置」は合法ですので、無視して大丈夫です。

撮影だけでなく、身分証の提示請求も有効です。(社員証でなく、運転免許証を推奨)

「NHKです」と言いますが、彼らは委託会社がほとんどです。

訪問者の身分をはっきりさせるのは、当然の要求でしょう。

引用: https://www.hatalike.jp/h/r/H103010s.jsp?LA=012&RQ=Y004L4C8&__u=15842751282304596934663662693872