ベストセラー「アウトプット大全」「インプット大全」を実践してみた【インプット3:アウトプット7が黄金比率】

こんにちは。ファイアーエムブレム風花雪月を200時間プレイしているハルです。

アウトプット、してますか?(唐突)

社会人になってからも、日々学びの連続です。

その中で「アウトプット大全」という本に出会い、アウトプットの大切さに気付きました。

ビジネス書大賞2019ノミネート作品「アウトプット大全」と、その続編「インプット大全」の内容を実践してみました!

その実践録を日々のアクションに使えるように落とし込み、解説いたします!

アウトプット大全

情報発信をする~デメリットなんてごくわずか~

ほとんどの人がインプット(知識を得る)に多くの時間を使いますが、真に大切なのはアウトプット(知識を発信する)です。

心理学者アーサー・ゲイツ博士(コロンビア大学)は、100人以上の子どもたちを対象にある実験を行いました。

「覚える時間(インプット)」と「練習する時間(アウトプット)」の比率を分けたグループを作り、テストで記憶の定着度を測りました。

最も結果が良かったのは「インプット40:アウトプット60」のグループであり、年長グループになるほど「 インプット30:アウトプット70 」が良い結果を出したのです。

結論を言えば「インプットの2倍以上の時間を、アウトプットにかけるべき」なのです。

アウトプットによって、以下のメリットも得られます。もはや、やらない理由がないのです。

  • フィードバックがもらえる(質問に答える中で、より知識が磨かれます)
  • プレゼン・ライティングスキルが高まる(より分かりやすい説明を意識するようになります)
  • さらなる情報・人・仕事が集まる(「〇〇について詳しい人」は非常に強力な広告です)

「30点」の完成品を、時間をかけて磨き上げる

仕事が終わらない理由に「最初から完璧を目指しすぎている」が挙げられます。

  1. 100点の完成形がイメージできない(計画に時間がかかる)

  2. 着手開始するも、途中でミスが見つかり修正

  3. 完成形になかなか近づけず、自己嫌悪からのモチベーションダウン

ここでおすすめするのは「30点でいいからまず完成させる」という方法です。具体的なプロセスは以下の通りです。

  1. 完成品の概要(アウトライン)だけ決め、とりあえずやってみる

  2. 一旦完成したものに、抜けている要素を加える(ブラッシュアップ)

  3. ①&②を繰り返すことで、100%の完成品に近づける

早期に完成させることにより、「高速で修正できる」「全体を俯瞰して見れる」「完成品の整合性が高まる」メリットが得られます。

Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグも「完成を目指すより、まず終わらせろ」と言っています。

「優先順位」を絶対基準に、即座に判断する

人が大切にするものは、「家族・恋人との時間」「自身の健康」「お金・社会的ステータス」等色々あると思います。それらの優先順位を決めておきます。

「優先順位に沿わない」「時間だけが奪われる」ことは、即座に断るようにしましょう。

言い換えれば「Not To Doリスト(やらないことリスト)を作成する」ということです。これには以下のメリットがあります。

  • 善意につけこまれない(悩む素振りを見せると、ゴリ押しされます)
  • トラブルが起こりづらい(例外を認めると、再度依頼されます)
  • 「自分の時間」を生きる人生を送れる(人に左右される人生は幸福ですか?)

「断ると角が立つ」「お世話になった人だから」という場合は、代替案をセットで提案しましょう。

インプット大全

「10冊読書」より「3冊読書+アウトプット」

「インプットよりアウトプットの方が大事」は前述の通りです。それを最も簡単に実践できるのは読書なのです!

「速読法」がブームとなっていますが、読むだけで知識にならなければ意味がありません。

学習の観点からも、最も効率的なのは「人に教える」ことだそうです。

もちろん「読んだ本すべてをアウトプットする」のは非常に難しいです。「10冊読んだら、その中で一番面白かった本をアウトプットする」ならば、無理なく行えるのではないでしょうか。

他にも以下の読書アウトプットを実践しました。ご参考にどうぞ。

  • Amazonカスタマーレビューで書評を投稿

  • 友人に感動した本をプレゼンし、興味を持たせる(友人に本を買わせるか?というゲーム感覚でできます)

  • SNS・メール等で、 著者に読書感想を送る(より緊張感を持ちアウトプットできます)

※読書習慣の始め方については、別記事でまとめております。ぜひご覧ください。

パートナーの話を聞く~男女の考え方の違いを理解する~

気になる女性からこんなLINEが。あなたならどう返信しますか?

今日仕事で嫌なことあったんだ~
めっちゃ疲れた~

正解は、相手の「疲れた」という感情に100%共感する、です。

「疲労回復の方法」「嫌なことの対策・回避法・原因究明」はいらないのです。一瞬で「コイツないわ」認定されます。(当ブログ調べ)

あるアンケートによれば、「夫婦円満のために必要なものは?」の回答で、「よく会って話をする」が約70%で一位でした。「話をする」についてより深堀れば、「男が女の話を聞く(共感する)」ことが重要です。

逆に言えば男性は、「はっきりと」「論理的に」「結論から話す」女性に一目置きます。(当ブログ調べ)

男性はアドバイスを、女性は共感を会話に求めるのです。

人気YouTuberブライアン氏の動画です。ふざけているように見えて、真理を突いています。

「専門家」が発する正しい情報を受け取る

現代人が1日に受け取る情報量は、江戸時代の1年分と言われています。「どの情報を信じればいいの?」と悩む方も多いと思います。

そんなときにオススメなのが、「信頼できる専門家を選び、その人の情報をまずは信じてみる」ことです。これを裏付ける「ジャムの法則」というものがあります。

【ジャムの法則】:ジャムの試食コーナーにて、A(フレーバー24種類)・B(フレーバー6種類)2つの商品を用意した。Aの方が多くの客が集めたが、Bの方が売上が高かった。

「人は選択肢が多いほど、意思決定できなくなる」ことが分かります。

慣れてきたら、複数の専門家の情報を取り入れてみましょう。最初の専門家に違和感を感じれば、あなたが成長している証です。

専門家を選ぶ基準は、以下が間違いありません。

  • 説明の分かりやすさ

  • 論文や研究データの充実度(個人的見解だけでない)

  • 最新の情報・動向も扱っているか(過去の知識・経験に頼っていない)

私の場合ですと、分野ごとに以下の専門家を参考にしています。

まとめ

  • インプット3:アウトプット7が黄金比率!覚えるよりも、まずやってみろ!

  • 最初から100点を狙うな!まず30点で作ってから、100点に近づけろ!

  • Not To Doリストは人生を劇的に変える!大切なもののために、断ることを恐れるな!

参考文献

  • 樺沢紫苑『学びを結果に変えるアウトプット大全 』サンクチュアリ出版 (2018/8/3)
  • 樺沢紫苑『学び効率が最大化するインプット大全 』サンクチュアリ出版 (2019/8/3)