自由な時間を得るために、捨ててよかったもの5選(生活用品編)【無くても別に困りません】

テレビ

「仕事終わりにビールを飲みながら、テレビを見る」

そんなもったいない時間の使い方、もうやめませんか?

以下は総務省が公開している、年代ごとのテレビ視聴時間推移を表したグラフです。

10代~30代を中心に、多くの人がテレビを見なくなったことが分かります。

これらを踏まえ、テレビには以下の問題があると指摘します。

テレビの問題点

  • 高齢者向けが主な視聴者層のため、情報に偏りが大きい
  • 芸能人の不倫など、人生が一ミリも好転しない報道ばかり
  • 番組合間のCM・見たい番組の待ち時間など、時間のムダが多い

テレビの代替として、YouTubeをおすすめします。

おもしろ・エンタメにとどまらず、学びになる”ビジネス系YouTuber”も台頭しています。

また「NHK受信料を徴収される」のも、テレビの大きなデメリットです。

テレビを持つとNHKとの契約義務が生じますが、支払い義務はありません。

現状、日本の半数世帯がNHK受信料を支払っていません。(N国党発表)

NHK受信料未払いは、別に珍しいことではないのです。堂々と踏み倒しましょう。

3:54~から「NHK受信料を支払っていても、今後払わなくて済む方法」が紹介されています。

炊飯器(調理器具)

「白米を多く食べるほど、糖尿病になりやすい」ことは科学的に証明されています。

白米は少量でも体に悪い 」 ことが示されており、”健康に悪い炭水化物”の代名詞なのです。

白米を食べない場合、もはや炊飯器は必要ありませんよね・・・

「白米の代わりに何を食べるか」について、以下記事で解説しています。

「炊飯器は料理にも使えるじゃん!」という反論もあると思います。

さらに踏み込んで考えれば「料理は外食より割高」ということに気付きます。

仮にあなたの手取りが30万円、通勤時間・残業込みで1日10時間会社に使っているとします。

そのときあなたの時給は、約1500円です。

料理・片付け・食器洗いに40分かければ、1000円使っている計算です。

「外食は栄養が偏る」という心配も無用です。

スーパー・コンビニのお惣菜、冷凍食品(野菜・フルーツもあり)などで何とでもなります。

「料理ってコスパ悪かったんだ」と気付いたあなた!

今すぐ調理器具を、メルカリで売りましょう!

バスタオル

結論からいえば、バスタオルはフェイスタオルに置き換えるのをおすすめします。

フェイスタオルをおすすめする理由

  • サイズが小さく、洗濯・収納でかさばらない
  • 使用ごとに洗濯することになるため、衛生的
  • 風呂上がりの体拭きには、フェイスタオル1・2枚で十分

衛生微生物研究センターの調査によれば、1日使用したタオルには、未使用時の100倍の菌が繁殖しているそうです。

衛生面・収納・洗濯の手間を考慮すると、バスタオルよりフェイスタオルを使ったほうがおトクなのです。

紙の本・本棚

当ブログでは、自己研鑽に”読書”を推奨しています。

紙の本・電子書籍をそれぞれ200冊以上購入した経験から言うと、電子書籍の方が間違いなく便利です。

電子書籍(Kindle)のメリット

  • 紙の本より安い(Kindleのセールで50%オフ、というのもよくあります)
  • 語句検索・収納・持ち運び容易(Kindle端末でなくとも、スマホアプリで読めます)
  • Prime Reading, Kindle Unlimitedなどで、無料 or 安価で多くの本に出会える

紙の本には「譲渡・売却できる」「目に優しい」「自由に書き込める」メリットがありますが、電子書籍のメリットには劣るのではないでしょうか。

目安として「月に1冊以上本を読む人は、電子書籍への移行」を強くおすすめします。

ブランド服

以前の投稿にて、承認欲求を満たす”地位財”はムダだとお話しました。

地位財の最たるものはブランド品ですが、それらの”維持費”も無視できません。

ブランド品のクリーニング代(目安)

  • 【靴磨き】3000円~
  • 【ダウンコート】8000円~
  • 【腕時計】30000円~

商品自体も高いのに、その維持にも高いお金を払うなんて・・・バカバカしいと思いませんか?

あなたがブランド品を身に着けようが、他人はそれほど気付きませんよ。